メンタルヘルスの資格と仕事

ケアマネージャー介護福祉士看護士保育士や、作業療法士精神保健福祉士臨床心理士産業カウンセラーなどの、メンタルヘルス、心理学など心に関係する資格に興味を持つ人が増えています。

心理学計の学会や協会がメンタルヘルスの認定資格制度をつくり、資格所得に励む人たちのために、養成講座やセミナーが行われています。

カルチャーセンターでも心理学やカウンセリング講座が開催されています。

メンタルヘルスの資格講座やセミナーの受講者は、就職適齢期の若者だけでなく、転職を考える中年世代や、主婦、定年退職前後のシニア世代など、幅広い人たちが多いのが特徴です。

それだけ世代を問わず、たくさんの人たちがメンタルヘルスや心理学に関心を持っていることがわかります。

福祉・介護・メンタルヘルスの資格と仕事では、メンタルケアに関する資格と資格取得方法、仕事内容などを紹介しています。

心理系・福祉の資格や仕事に興味のある方、資格取得を考えている方、福祉関係や人々の心をケアする仕事をしたい方、是非ご活用下さい。

メンタルヘルスの資格・仕事の分野

メンタルヘルスの資格・職種を分野に分けて説明します。

福祉・公衆衛生

働く場所…保険福祉センター、精神保健福祉センター、リハビリテーションセンター、児童相談所、老人福祉施設、知的障害者援護施設、他
また、ボランティアとしても活躍できる。

相談機関

働く場所…公的機関:児童相談所、教育センター、社会福祉事務所、精神保健福祉センター
医療機関
民間:ヘルスケアセンター、相談室、電話相談、インターネット相談など

教育機関

全国にある公立の教育相談所は、各自治体の機関であり、教職経験者や臨床心理の専門家たちが教育相談などを行っています。学校内の相談室では、カウンセラーとして就学や健康、人間関係など、幅広い問題の相談に応じています。
スクールカウンセラーを希望するなら、臨床心理士の資格を取得していると有利です。

学校心理士という資格は、原則的に教育職員免許状を取得し、大学院で教育と心理学の専門分野を修め、教育活動を実際に行っている人が対象になります。

働く場所…教育相談所、学生相談室

医療

医療機関は大別すると総合病院と専門の精神病院、クリニックがあります。医師や看護師と違って、例えば臨床心理士カウンセラーは、精神療法の保健診療報酬が認められていないので、常勤できることは少なく、勤務先や医師の方針などから、報酬や仕事内容にも違いがあります。

1995年に社団法人と認可された「日本精神神経科診療所協会」には、全国の約1100の診療所やクリニックが加盟しています。こうした開業の診療所などでは、臨床心理士カウンセラーが常勤で働いている場合も多くみられます。

働く場所…総合病院:精神科、精神神経科、診療内科、神経内科
精神病院、精神科クリニック

産業

働く場所…企業の診療所や健康管理室など

司法

司法や行政での心理系の仕事は、公務員になるので、各種の公務員試験に合格して、各省庁で採用されなければなりません。雇用条件は、公務員の基準に準じます。

働く場所…家庭裁判所、少年鑑別所、保護観察所、警察関連機関、その他

教育・研究

働く場所…大学、研究所

このページのTOPへ